サロンによって対処が異なる

生理中の対応については脱毛サロンによって様々です。

生理中はホルモンバランスが崩れがちで、普段と比べてお肌が敏感になっているため、痛みを感じやすかったり、やけどなどのトラブルが起きやすい状態にあります。

そのため、エターナルラビリンスやシースリーのように生理中の脱毛は不可であったり、脱毛ラボでは生理日だけでなく、前後3日間も施術が受けられないことになっています。

これに対し、銀座カラー・エピレ・ジェイエステ、そしてミュゼでは、生理中であってもデリケートゾーン以外の部位であれば施術を受けることができます。ただし、これらのサロンにおいても生理中の脱毛は肌への影響が強いことは変わりありません。お肌の敏感な方や肌トラブルが心配な方は、念のため生理中の脱毛は控えておくといいでしょう。

ほとんどのサロンでは、当日のキャンセルはキャンセル料がかかったり、1回分消化などなんらかのペナルティーがありますので、脱毛をする日に生理が来そうな場合は、事前にキャンセルをしておくようにしましょう。
一方、ミュゼではデリケートゾーン以外の部位であれば生理中でも施術を受けることができますし、万が一当日急に生理が来てしまった場合でも当日のキャンセルが可能です。

当日のキャンセルであっても、他のサロンとは違い、ペナルティーなしで予定を変更することができるので、とてもありがたいのですが事前に分かっているのであれば、やはり早めに予約の取り直しをしておいた方がいいでしょう。
もしも、デリケートゾーンとその他の部位を同時に予定している日に生理が当たってしまった場合は、デリケートゾーンは後日に振り替えてもらい、その他の部位だけ施術してもらうことは可能です。

このように、ミュゼでは生理中であってもデリケートゾーン以外なら問題なく施術を受けることができます。変な話、生理中は施術不可というサロンであっても、告知しなければそのまま施術を受けることはできてしまうサロンもあるようです。

しかし、万が一生理中にも関わらず施術を受けて、なんらかのトラブルが起こってしまっても、サロンに責任をとってもらう訳にはいきませんし、なんといってもトラブルが起きて一番つらい思いをするのは自分です。

また、デリケートゾーンに関してはナプキンなどの都合もあるので、さすがに生理中に内緒で施術を受けることは無理かと思います。早く脱毛を進めたいという気持ちもあると思いますが、しっかりと決められた取扱いを守るよう心がけましょう。

ミュゼプラチナムの評判トップへ