ミュゼでも施術を受けられないケースがあります!

ミュゼの脱毛は、肌に優しく安心して利用できますが
それでも肌の状態や体調などによって施術を受けられない場合もあります。

なので、事前に確認をして脱毛前は、しっかりとコンディションを整えておく必要があります。
なお、ここでは、どういったことに注意を払えばいいのかポイントを抑えます。

脱毛を受けられないケース

日焼けや肌荒れのひどい場合
過度な日焼けや肌荒れがある場合、お肌のバリア機能が低下しているため肌トラブルを起こしやすく、脱毛の効果も出にくいこともあるため施術を受けられない場合があります。
脱毛日前の日焼けは避け、しっかりとスキンケアを行っておくといいでしょう。
妊娠中や授乳中の場合
妊娠中や授乳中はホルモンバランスが崩れがちで、お肌もとても敏感になっているので、どのサロンでも施術を受けることができません。再開は、授乳を終えて生理が2回以上来てからとなっています。
健康不良または疾患がある場合
脱毛ができる条件として健康状態が良好であることという項目があるように、健康状態が好ましくなかったり、なんらかの疾患がある場合施術を受けることができません。

疾患の症例として、皮膚がん・感染病・糖尿病・心臓病・緑内障などがあり、他にアルコール依存症やピースメーカーを使用している場合もこれに該当します。
12時間以内にアルコールを飲酒した場合
脱毛後は肌の奥が軽いやけどのような状態になるため、体のほてるようなことは控えなく、てはなりません。そのため、施術後だけでなく前であっても飲酒はできません。
予防接種を10日以内に受けた場合
予防接種直後の脱毛は、体調を崩す可能性があるため前後10日以内の予防接種は禁止となっています。
ひどいアトピー肌の場合
アトピーの方でも、状態が安定していていれば施術を受けることができますが
その場合であっても、通院先の意志の確認が必要となります。

また、状態が悪い場合は肌への影響を考えて施術をしてもらえない可能性があります。
そういった場合は、ディオーネなど敏感肌の方でも利用できるサロンがありますのでご確認ください。
生理中のVIOの脱毛
生理中のVIOの脱毛はできません。ただし、その他の部位については行うことができます。
タトゥー部分の脱毛
タトゥー部分の脱毛はできませんが、5p以上離れた場所であれば施術は可能となっています。

ミュゼプラチナムの評判トップへ